伊丹市 M様邸 漏水修繕工事
ホーム > 伊丹市 M様邸 漏水修繕工事

伊丹市 M様邸 漏水修繕工事

2017年06月01日(木)8:32 PM

手の届かない場所の漏水は大変です!!

 

今回は伊丹市のM様邸の漏水修繕工事をご紹介します。

M様は伊丹市水道局より漏水の可能性があるとのことでお問い合わせいただいたお客様です。

 

当社は伊丹市水道局の指定工事店でもありますので、水廻りでお困りごとがあればお気軽にご相談ください。

 

今回はユニットバスの下の給湯管から漏水していました。

浴室がユニットバスの場合、そのほとんどが床下に潜れない為、ユニットバスを一度解体して漏水をなおし、再度ユニットバスを組立直す以外に方法はありません。

しかし年数の経ったユニットバスは、中の鉄部が錆びていたりメーカーに交換部品がなくて組立直せないなどの不具合もありますので、今回は既存の給湯管を切断し新しく架橋ポリエチレン管でつなぎ直しました。

漏水がユニットバスの下で手の届かない場所であることと、浴室と洗面所の床下に入れない為、露出配管で入れ替える提案をさせていただきました。

 

架橋ポリエチレン管は、柔軟性・耐熱性・耐食性に優れた配管です。

 

 

下の写真は、浴室と洗面所の壁に穴を開けその穴に配管を通してバンドで固定してあるところです。

 

 

               施工前               施工後

             

 

 

洗面化粧台は点検口がついていましたのでその下から取り出し見た目にもキレイに仕上げました。

 

 

               施工前               施工後

             

 

 

写真はユニットバスの床下に入れた新しい給湯管です。

壁を貫通しているので、コンクリートで配管が傷つかないようにと保護管(緑)を入れてあります。

 

 

 

 

キッチンは通気口から配管を入れましたが、虫や雨が入らないように対策もバッチリです!!

 

 

 

 

給湯器のつなぎ口も断熱材をしっかり巻いているので太くなりましたが、これで凍結も安心です。

凍結は配管だけでなく継手の金属部分からも伝わりますので、しっかり保温しておくことが大事です。

伊丹でも凍結することがありますので、凍結対策は必要です。

 

 

 

 

 

 

 

一言:

この度は弊社ハウスKを御用命いただきありがとうございました。

 

漏水は急に来ますので、ビックリされたことでしょう。

20年を超えた辺りから漏水の危険性が特に増えていきますので、水廻りリフォームをお考えの際は給水管の入替もご検討ください。

 

今後ともよろしくお願い致します。