伊丹市 K様邸 押入造作及び内窓工事
ホーム > 伊丹市 K様邸 押入造作及び内窓工事

伊丹市 K様邸 押入造作及び内窓工事

2017年04月07日(金)8:20 PM

生活環境に合わせたリフォームが一番です!!

 

今回は伊丹市のK様邸のリフォーム工事をご紹介します。

K様は弊社ホームページよりお問い合わせいただいたお客様です。

 

お客様と直に話ができる「職人直営のリフォーム工事店」として伊丹に根付いて早7年、少しは認知されてきたのかなと思っている今日この頃です。

 

K様から「押入を部屋の一部として収納スペースにしたい」ということでお問い合わせいただいたのですが、お話をきいていると「ピアノを弾く時の音が気になる」とのことでしたので防音対策として内窓をご提案しました。

 

 

まずは押入工事です。

中段と床を解体したあと、床に新しく下地を入れました。

 

 

 

解体後、押入の下が土でしたので防湿シートをひいて湿気対策もバッチリです。

小さなことですが、こっそりサービスできるのも工事店に直接ご依頼いただいているからです。

「お客様が知らないからいいやではなく、知らないからこそしっかりやる」、それが当社の仕事です。

 

 

 

壁は左官仕上げに塗装をしていて、このままではクロスが貼れないのでボードとベニヤでクロス下地を作りました。

 

 

 

床は同色系のフローリングを張って天井と壁にクロスを貼って完成です。

 

               施工前               施工後

             

 

 

お子様の棚が背が高く入らなかったので足を少し切らせていただいて、無事設置完了です。

 

 

 

 

次に内窓です。

今回はYKKのプラマードを工事させていただきました。

内窓って結露の予防だけだと思っていませんか?実は防音にも効果があるんですよ。

単層ガラスの内窓をつけるだけでも15dB低減するので、音が半分以下に感じるそうです。

テレビのリモコンでいえば、14から6に絞った程度だとか・・すごいですね。

今回は厚みの異なるペア(複層)ガラスの内窓を入れさせていただきましたので、それ以上の効果が期待できます。

厚みの異なるペア(複層)ガラスにしたのは、音の共鳴が抑えられさらに防音効果が高まるからです。

また、ペアガラスの片面をすりガラスにすることで透明ガラスよりも防音効果が高くなります。

 

               施工前               施工後

             

 

 

               施工前               施工後

             

 

 

窓枠と同色系の内窓なのでスッキリしていて圧迫感は感じません。

 

 

 

 

工事中に浴室の蛇口が空回りするとご相談いただきましたので、調査したところパッキンが腐食して欠けていました。

特殊な大きさのパッキン(昔の仕様??)で廃番品でしたので水栓ごと交換させていただきました。

急な水廻りに対応できるのも当社が伊丹市水道局指定工事店だからです。

 

               施工前               施工後

             

 

 

今回はTOTOの水栓を入れさせていただきました。

このTOTOのシャワーヘッド、実は節水型です。

 

 

 

 

 

一言:

この度は弊社ハウスKを御用命いただきありがとうございました。

 

押入もお子様の棚がうまく納まってよかったですね。

また、内窓で窓からの音漏れはかなり防げるようになりましたがエアコンの穴や換気扇から音が漏れる可能性もありますので一度外に出てご確認をお願い致します。

 

内窓は防音だけでなく断熱効果で夏場のエアコンの効きが良くなりますので、昨年よりも設定温度を少し高くした方が良いかもしれませんよ。

 

今後ともよろしくお願い致します。