見積もり有料について
ホーム > 見積もり有料について

見積もり有料について

2017年03月24日(金)7:46 PM

なぜ見積もり有料なの?

 

リフォーム業界では見積もり無料と言っているところが多いですね。

専門家なんだから簡単にできると思っておられるかもしれませんが、リフォームは新築と違い1件1件間取りや建方・構造も違えばお客様の好みやしたい工事も違いますので、正確な見積もりを作成しようともなると簡単にと一言でできるものではありません。

 

当社では壁や床の中など見えない部分や調査が必要なものを除いて後から追加工事を言うことはほとんどありません。

それは専門の知識のあるものが現地をみて話を聞いて見積もりを作成しているからです。

素人同然の者が見積もりを作成したり、お客様と話をする者と見積もりを作成する者が違うなど役割分担するから後から追加費用が発生やすくなる状況を生んでしまっているのです。

当社では打ち合わせしたものが責任を持って見積もりを作成しますので、話のくい違いもほとんどありません。

プロが作る見積書は、時間も人件費もそれなりにかかっていることをご理解ください。

 

見積もり提出までの流れ

お打ち合わせ(聞き取り調査)→現地調査→見積もり作成→できあがった見積もりの説明

 

 

見積もり有料に踏み切った理由

 

当社は工事会社ですので、当然のことですが工法や材料を考えながら見積もりを作成します。

今まで見積もり無料でやってきましたが、その見積もりも工事会社として自信をもって作成してきました。

 

しかし見積もりをご依頼される人の中には、工事をする業者が決まっているのにその業者の見積金額が高いのか安いのか知りたくて相見積もりをご依頼される方がおられます。

当社にしてみれば時間も労力もかけて見積もりを作成しているわけですから、そのようなご依頼は気分が良いわけがありません。

 

また、今はする予定がないけど今後するかもしれないから見積もりをしてほしいとご依頼される方がおられます。

だいたいの金額を知りたいからと概算のお話であればいいのですが、材料もその時々で仕入れ価格が変わるものもありますし見積書の期限を1カ月と決めさせていただいておりますので、あまり先の見えないお話で正確な見積もりをご依頼いただくのはご遠慮願いたいところです。

 

見積もり依頼にもマナーは必要です。

 

営業マンに我々工事人と同じような見積もりを作れと言っても難しいかもしれませんが、営業マンの中にもきちんと調べて見積書を提出してる方もおられます。

しかし、本来入っていないといけない大事な項目が抜けていたり、とりあえず安くみせようと後から追加が出るのが丸わかりな見積書など、我々から見ればお粗末な見積もりも多く、プロが作った見積書と素人が作ったみたいな見積書で相見積もりにならない相見積もりが多くありました。

 

相見積もりは同条件で仕事の分かる者が作成することが大前提です。

商品や使う材料が違えば相見積もりとは呼べません。

 

当社が他社との相見積もりでお客様に感じることは、「見積もりの項目を見てもわからない」、「説明は商品の事がほとんどで工事内容はわからない」、わからないから金額や営業マンとのフィーリングで判断されている方が多いように感じます。

営業マンとのフィーリングも大切ですが、家にとって一番大切なことは商品の説明ではなく工事内容の説明です。

 

お客様がわからないからこそ、正しく正確な見積もりが必要なのです。

当社はプロとして見積もりを作っていますので、その見積もり金額には根拠があります。

素人同然の者が作る見積もりと一緒にされては困ります。

 

 

無料ほど怖いものはない

 

本当にその見積もりは無料でしょうか?

決まらなかった見積もりにも人件費や経費がかかっています。

その人件費や経費はどこにいったのでしょうか?

無料という言葉の裏に他の見積もり作成費が隠れていませんか?

もしくは無料という言葉の裏に手抜きという言葉が隠れていませんか?

 

当社は工事店ですので、他の見積もりにのせたり手抜きをしたことはありません。

しかし、そのようなことをする会社もあるということを覚えておいてください。

 

 

見積もり有料のメリット

 

見積もり無料だから素人同然の者が見積書を作り、無責任に「これは入っていなかったから追加です」と言ってくるのです。

見積もりが有料になることで、誰が作ってもその見積書には作成の責任が発生しますので、見積もり業者は後からあれもこれも追加だと言えなくなるでしょう。

見積もり無料と言う業者の中には作った見積もりに「責任を持ちたくない・責任を持てない」素人のような業者もいてます。

契約までは決して口車に乗らず、その人が工事内容を知っているのか確認することが大切です。

 

お客さまにとっても見積もりの有料はご依頼をためらうことになるかも知れませんが、工事後安心して新しい生活を送るための安心料だと考えれば決して高いものではないのではないでしょうか?

 

安心快適なリフォームは、初めの聞き取りと正確な見積もりが重要不可欠なのです。

 

 

見積もり費用の優遇

 

当社では、工事をご発注いただいたお客様には工事金額により見積もり費用の一部もしくは全額をお値引きいたしますので、全てのお客様が必ずしも見積もり費用がかかると言うわけではありません。

プロによる見積もりと施工ををお考えなら当社にご依頼ください。

 

 

あとがき

 

安心快適なリフォームは、会社の規模で決まるものではありません。

仕事(工事)を知る者がそれをお客様の為に丁寧に施工できるかどうかなのです。

個人商店から大企業までどこに依頼するかはお客様の自由です。

だからこそ悩んでください。

家は大切な財産です。

リフォームをして後悔して暮らすのか、やってよかったと気持ちよく暮らすのか、全ては見積もりから始まります。

 

リフォームに安かろう良かろうはありません。

 

どんな職種でも専門の人が動けばそこに費用が発生することをご理解ください。

無料という甘い言葉にご注意ください!!