エコキュートのメリットとデメリット、 お勧めする理由と注意点
ホーム > エコキュートのメリットとデメリット、 お勧めする理由と注意点

エコキュートのメリットとデメリット、 お勧めする理由と注意点

電化住宅とは?

 

電化住宅とは、電気温水器やエコキュートと呼ばれる電気式の給湯器を使用している住宅のことで、全ての設備が電気だけならオール電化住宅になります。

 

 

エコキュートとは?

 

エコキュートは電気でお湯作る給湯機だと思っていませんか?

 

電気でお湯を作るのは、電気温水器です。

 

エコキュートは、お湯を貯める「貯湯タンク」と二酸化炭素を冷媒に空気の熱でお湯を沸かす「ヒートポンプユニット」の2つからなる給湯機で、正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」と言います。

 

自然冷媒とは、自然界に存在する物質で、加熱能力に優れており可燃性や毒性がないので環境にやさしい冷媒です。

 

エコキュートは、従来のヒーター式電気温水器と比べ電気エネルギーは約1/3なのでお財布にも優しい給湯機です。

 

ヒートポンプはエアコンの室外機と同じような形をしていますが、水を温水にしますので起動時の騒音はエアコンと比べやや大きくなります

 

貯湯タンクは、「角形」・「薄型」・「スリム型」の3つの形があり、タンクの容量は「370L」と「460L」を基本に各メーカーから「180L」・「300L」・「550L」といったご家庭に合わせた容量のものも出ています。

 

又、タイプは「フルオート」・「セミオート」・「給湯専用」の3種類があります。

 

「フルオート」

自動お湯はり 自動保温 自動たし湯 追い焚き 高温さし湯 オリジナル機能

 

「セミオート」・「オート」

自動お湯はり 自動保温× 自動たし湯× 追い焚き× 高温さし湯 オリジナル機能×

 

 

追炊きを使われないのであれば、定価の安いセミオートやオートがお得です!

 

 

エコキュートはメーカーごとにオリジナル機能や性能、サービス内容が違いますので、当社ではお客様一人一人に合った商品をお勧めしています。

 

 

 エコキュートのメリットとデメリット

 

メリット

◎ 割安な深夜電力を使うことにより給湯にかかる光熱費を抑えることができる。

◎ タンクにお湯を貯めるので非常用水として活用できる。

◎ 基本的な沸き増しは深夜電力帯なので昼間の電気量削減に貢献できる。

 

デメリット

× 設備費用が高い。(ガス給湯器と比べて)

× 急に大量なお湯が必要になった場合、湯切れすることがある。 

× タンクとヒートポンプの設置スペースが必要。

 

 

ではどんなご家庭がエコキュートに変えるメリットが高いのでしょうか?

 

例えば、お昼間の電気使用量が少ないご家庭。

    ガス代の高いご家庭。

    現在プロパンガスを使用しているご家庭。

 

このようなご家庭は特にメリットが出やすいと言われます。

 

この条件を満たしていなくてもメリットの出るご家庭はたくさんありますのでお気軽にお問い合わせください。

 

もちろん見積もり時に試算をさせていただいてメリットが出にくいと思われたお客様にはお勧めしておりません。

 

関西電力のはぴeタイムについて

 

 

 

●はぴeタイムの電気料金は、電力量料金(各時間帯における電気のご使用量に応じた料金)に

加え別途基本料金や毎月単価が変動する燃料費調整額、毎年単価が変更となる再生可能エネルギー発電促進賦課金が必要です。

●「休日扱い日」とは、土曜日、日曜日、「国民の休日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日。

●通常料金単価とは、「従量電灯A」第2段階単価としております。

●デイタイムのその他季は、毎年10月1日から翌年の6月30日までの期間といたします。

●デイタイムの夏季(毎年7月1日から9月30日までの期間)料金単価は38.89円です。

●料金単価には消費税等相当額を含んでおります。

 

(*)供給約款の従量電灯の適用範囲に該当し、総容量が原則として4kVA以上の夜間蓄熱式機器(エコキュート等)またはオフピーク蓄熱式電気温水器(多機能型ヒートポンプ式給湯機等)をご使用で、給湯・キッチン・冷暖房等すべての熱源を電気にし、当社との協議が整った場合、「はぴeタイム」の基本料金および電力量料金(燃料費調整額を除く)の合計から10%(割引上限額は1ヶ月につき3,240円)を割引いたします。

 

はぴeタイムは深夜電力以外にもお得があります!!

 

はぴeタイムは平日、「リビングタイム」と「ナイトタイム」にメリットがありますが、その分平日の10:00~17:00までの「デイタイム」がガス給湯器などの従量電灯に比べ割高になっています。

 

しかし、日中の電気使用量の増加が予想される休日扱い日(土日祝日等)は割高な「デイタイム」が無く7:00~23:00がすべて「リビングタイム」になりますので、従量電灯に比べ割安な設定になっています。

 

はぴeタイムのメリットは深夜電力だけだと思われておられる方が多いのではないでしょうか?

 

深夜の待機電力もナイトタイムにすることによって家計を節約することができますが、実は休日扱い日も従量電灯と比べ割安になっていますので、はぴeタイムにすることで休日扱い日の電気代を下げることができるのです。

 

 

【重要】 「はぴeプラン」は、平成27年3月31日をもちまして新規加入が終了致しました。

 

エコキュートをお勧めする理由

 

 

一つ目は光熱費の削減です。

 

いつもと同じ生活をしていて光熱費が下がれば良いと思いませんか?

 

ご家庭のご利用状況にもよりますが、電気代の安い時間帯をうまく使えば光熱費をもっと下げることも可能です。

 

電化生活の場合、エアコンに頼る部分が多くなりがちですが、冬場のエアコン暖房は乾燥するから嫌だと言われる方には深夜電力でレンガを温め、その放熱で空気を温める蓄熱式暖房機をお勧めしています。

 

 

二つ目はライフラインの復旧の早さです。

 

阪神大震災ではライフラインの復旧に時間がかかり、皆生活するのに困りました。

 

その中で一番早く復旧したのが【電気】で、二番目に復旧したのが【水道でした。

エコキュートなら、これから起こりえる非常事態にも電気と水道さえあれば、ライフラインが確保できます。

 

 

但し、エコキュートはただ設置すればよいというものではありません。

想定される範囲内で、いざというときに使えなければ意味がありません。

エコキュートはライフラインの一つだと認識していただくと共に、お客様が安心していただける丁寧な工事が必要です。

 

当社では地震の際に振動を逃がせるような配管や、弊社独自の改良型工法でエコキュートの基礎を設置するなど材料選びからこだわって安心していただける工事をご提供しています。

 

当社は設置場所や家族構成を考えて快適な生活ができるようご提案しておりますで、エコキュート導入でお悩みがあれば工事実績が豊富な当社までお気軽にご相談ください。